27坪3LDKのロフト収納のある平屋の間取り図

今回紹介するのは27坪3LDKの西玄関の平屋の間取りです。

そしてこの平屋の間取りの特徴はロフト収納が17畳と
大きなスペースになっていることです。

西側の方から見て切妻屋根は三角の屋根なっていることで
中央の部分の屋根が高くなっています。

そこの部分を利用してロフト収納を作っていこうという計画になってます。

ロフト収納の方は洋室8畳の方から入るクローゼットの方から
階段で登っての入ってきます。

東側にある洋室6畳こちらの方もウォークインクローゼットに繋がってるので
両方の部屋で共有していくような形になります。

そして玄関ホールの方は西道路の想定で西玄関になってます。
玄関ホール入るとトイレと水回り洗面脱衣室が2畳と浴室が2畳、トイレが一畳あります。

そしてリビングダイニングキッチンが19畳でこちらの方に入ってから
各部屋に入っていくという計画になっています。

南側に6畳の洋室と6畳の洋室、東側の方に6畳の洋室があります。

リビングダイニングキッチンは18畳ぐらいの大きさです。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

各部屋は東向きや南向きになっているので明るく快適なスペースになっています。

ロフトのスペースがない部分は天井を高くすることができるので
リビングの南の方も少し天井高くすることができます。

対面式キッチンの方は背面の収納も広くて横に収納があるので
こちらはリビング収納にするかパントリー収納にして
使い勝手を選んでいくことができます。

玄関の方にも土間収納があって収納量は玄関のシューズボックス以外に
さらに増えて外で使ったものを入れるということができます。

27坪とコンパクトなので比較的建築のしやすい
コストのかからない平屋になっています。

その割に2階のロフトスペースが取られているので
収納量はしっかりと取れるという形になります。
今回は27坪の西玄関の平屋の間取りを紹介しました。

こちらの間取りは長方形というよりは正方形にやや近い長方形で
シンプルな形になっているので屋根形状がシンプルになって
外観も美しく作ることができます。

また屋根がシンプルということは台風や集中豪雨などの災害にも強くなり
屋根が複雑な家に比べて雨漏りなどのリスクが非常に軽減されていきます。

平屋ですので風の影響を受けるといったことも少なくなります。

2階建てと比較すると横風を受ける面積が少なくなり
台風の被害にも比較すると強いといった形になります。

ブログ村に住まいの豆知識ブログが集まる

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 平屋 間取り,理想の間取り,間取り 3LDK | Tags: , ,

間取り図集の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。間取りデータバンクの住宅設計を担当、無料の間取り作成サービスにて住宅の間取り作成を行う。

間取り図集はこちら

PVアクセスランキング にほんブログ村

アーカイブ