家の中にライブラリ、図書館のある間取り図

今回紹介するのは36坪4LDKの家の中にライブラリ、図書館のある間取りになります。

玄関の方は東道路の方から行ってきます。
東道路で南の方に並列で駐車をするようなスペースを取って
東の方に玄関を作ってきます。

玄関ホールに入っていくと土間の方が奥まで続いていて土間収納があります。

また土間収納とは別にシューズボックスがありますので
収納量が豊富な玄関スペースになっています。

リビングダイニングキッチンは L字型に配置されていて
キッチンの部分、ダイニングの部分とリビングの部分が
同じ空間でありながらエリアを分けているというような形になります。

ダイニングの南側にはデッキにはついていて、南の庭に面しており
リビングのところとダイニングの部分から出ることができます。

駐車場と南の庭のところは目隠し壁で囲まれて見えなくしてあります。

そして階段で2階へ上る途中のところにライブラリーがあります。
そしてその横に洗面とトイレが配置されています。

引き戸で仕切るようになっていますので階段のところは
リビング階段のように必ずダイニングとかリビングを通って行くことになります。

空調的には分けられているので2階に暖かい空気が上がっていくということはありません。

2階に上がっていくと南側に寝室8畳、そして洋室6畳があります。
また東道路に面して洋室6畳があります。

2階の方に洗面と浴室が配置されています。
今回のプランのように一階に水回り浴室と洗面の部分を配置しなければ
一階と二階に部屋をボリュームを振り分けることはできます。

寝室の方からすぐお風呂を使えることも、
子供部屋からもすぐベッドルームからすぐお風呂を使ったり
身支度するスペースに行くということもできます。

一階に作らずにユニットバスなどを利用して2階につくるというのも一つの方法です。

外観は白い壁と黒っぽい木で作ってます。
蔵のようなイメージを正面から感じられるように2トーンにしています。

部屋干し室と主婦専用のパウダーコーナーのある間取り図

今回紹介するのは39坪4LDK の北玄関の間取りになります。

北道路の想定で北玄関から入っていきます。
そしてこのプランの特徴は部屋干し室が南にあることです。

そして2階にファミリークローゼットがあること。
そして寝室の横にパウダーコーナーがあることです。

パウダーコーナーは寝室の横にあり、ウォークインクローゼットと間にあります。
遺書合わせ、着替えと化粧をするスペースになってきます。

玄関ポーチの方は屋根で囲われてるような形になってきます。
そして玄関ホールに入ってきます。

玄関ホールの方は3畳ほどのスペースになっていて、
シューズクロークとシューズボックスがありあります。
廊下に共用の物入れが付いています。

玄関に入ってすぐ奥の方にトイレがあるので、
帰宅してすぐトイレを使うことができます。

リビングダイニングキッチンは18.5畳、
そしてリビングに接して洋室6畳があります。

洋室の方が東と道路側の方から光を入れるという形になります。

リビング階段で2階に上がるようなプランになり
リビングダイニングキッチンの方の南側には庭があって
庭の方に窓から出れるといったようなプランになります。

キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡せることができます。
また洗面脱衣室と浴室の方がキッチンからすぐの場所に位置して、
2階の個室の方から階段から降りてきてすぐのところで洗面脱衣室があります。

そしてその洗面脱衣室の南側に部屋干しのスペースがあって、
こちらの方に常時乾燥しておくことができます。

こちらの方はキッチンからも近く浴室、洗濯機物干し室なども近いので
作業動線が非常にコンパクトになっています。

またリビング階段でスムーズに2階からと洗面物干しに移動できます。
階段とキッチンが近い状態になって移動が非常にしやすい状態になっています。

寝室の南側にはバルコニーテラスがあり、バルコニーに出れるようになっています。
パウダーコーナーがあるので、こちらの方を主婦専用の部屋として使っていきます。

ウォークインクローゼットから出てすぐのところにあるので
着替えや衣装合わせに便利なスペースになります。

共用のファミリークローゼットがあるので
各部屋にクローゼットありますけれども納戸的に使ったりできます。

季節の洋服を入れたりとかすることができる便利なスペースになっています。

子の間取りの良いところはリビングダイニングキッチンと
洗面脱衣室のつながりが非常に良いところです。

2階にパウダーコーナーがあり着替えができる主婦専用の部屋があって便利なこと
部屋干し室とかファミリークローゼットとか
衣類とかですねそういったものが扱いやすいプランになります。

ファミリークロゼットと部屋干しスペースのある家の間取り図

今回のプランは39坪4LDKの東玄関の間取りです。

特徴は部屋干しの部屋があるのとファミリークローゼットがあって
寝室とキッチンから通り抜けができるということです。

また土間収納が玄関と廊下から通り抜けができるという
収納の使い方に特徴のあるプランになります。

学習コーナーなどもあって子育てをするのに工夫がされているプランです。

玄関の方は東玄関になっていて東道路の想定になっています。
駐車場は横付けしたり、後は南側に1台停めるというような形になります。

東玄関から入っていくと土間収納が3畳あって
靴専用のシューズ BOX があります。

土間収納は玄関側からと廊下から出入りが出来るので
シューズクロークに使うということも可能になってきます。

中で靴を脱ぐということもできます。
そのことによってこの玄関のたたきのところが散らかりません。

階段は独立階段で2階に上がります。

1階の方に2部屋と2階に2部屋という構成になっているので
2階は子供部屋という想定にしておけば例えば子供が独立した後で
予備室とかゲストルームには倉庫みたいにできます。

老後は一階で暮らす平屋のイメージができると思います。

寝室の方のは西側に面してあって8畳のスペースがあります。

こちらの方のクローゼットは専用のクロゼットが一畳と
ファミリークローゼットに連続しています。

このクローゼットは LDK からも使うことができるので
通り抜けが出来て両方から使える便利な間取りになります。

階段の下も収納に使えるので収納量も多く確保されています。
全体の延べ床面積の18%くらいあります。

そしてリビングダイニングキッチンは21畳と広く、
学習コーナーのカウンターが造りつけで作られています。
このスペースがあると小さいうちはお絵かきなスペースとか
あとは子供がいない時は主婦の家事コーナーなったり
夜とかですねお父さんはパソコンを使ったり
勉強する以外のことでもたくさん使い勝手があります。

対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。
このあのキッチンの配置のいいところは
キッチンからテレビが見れるところです。

南の庭にはリビングとダイニングの方から出ることができて
さらにキッチンの勝手口からも出れます。

デッキのスペースを作って外に物干しのスペースとか
あとは縁側のように使うスペースなど庭に面して風景も作ることができます。

キッチンの奥の方には洗面と浴室があって
洗面の南側に物干しランドリーのスペースがあります。

ファミリークローゼットクローゼットが近いので
すぐ着替えとかも取りに行けるところが良いところです。

洗面のところにも収納スペースがあるので
タオルとかをしまっておくことができます。

トイレは帰ってきてすぐ使うというのと寝室からすぐ使いたい
というのがあるのでこの中間の位置にしてあります。

独立階段で2階に上がっていくと洋室が2部屋あり、
バルコニはー階で物干しができるのでなくしてあります。

そして洋室6畳は両方ともですねウォークインクロゼットになっています。

こちらのプランは39坪4LDKになっていて
2階の部屋もしっかり6畳あり収納力も充実しています。

2階専用のトイレもあるので使い勝手も良くなっています。

今回はファミリークローゼットのある間取りで
寝室からリビングに通り抜けられるというのが特徴でした。

土間収納も玄関から廊下に通り抜けられるということ
あとは洗面の南側にランドリースペースが付いていて
そこからデッキに出て物干しができるプランでした。

半屋外リビングのある住宅の間取り図

今回紹介するのは40坪4LDKの屋根付きテラスのある間取りになります。
間取りの特徴は屋根付きのウッドデッキのテラスがあるということになります。

テーブル置いたりするのに便利です。

広いパントリー収納や土間収納など収納量も非常に大きく確保されています。

間取りの方は西玄関になっていて
そして西道路の方から入っていくようになっています。

配置としては南側に駐車場と庭をとってそして南の駐車場から
玄関ポーチそして玄関ホールに入っていくプランになってきます。

玄関ホールの方にはシューズボックスと土間収納があります。
シューズボックスに靴を入れてさらに土間収納の方にも靴を入れていく
という風になりますがこちらの方にはベビーカーとか
スポーツ用品とか他のものも色々入れられる広いスペースになっています。

中には可動棚とかパイプハンガーをつけてもよいと思います。

玄関ホールは奥に広いような形になります。
洗面室と脱衣室は分かれていて洗面の方は
帰ってすぐ手を洗うのに使うことができます。

またトイレの方も近いのですぐトイレの方も使うことができます。

そして脱衣室の方に入っていくと2畳で収納もあって
奥には2畳一坪タイプの浴室があります。

こちらの方はパントリー収納へ通り抜けられるので
キッチンから直接、脱衣お風呂の方に通り抜けて行くことができます。

キッチンは対面式キッチンになっていてアイランド型になっています。
ぐるぐると回遊性がある間取りになっています。

また先ほどの脱衣室にパントリーを経ていくことができるので
こちらもぐるぐると回遊性のあるようなプランになります。
パントリー収納3.5畳と非常に広いスペースになっていて
キッチン背面の収納も広く、収納の充実したプランになっています。

リビングダイニングをキッチンから見渡すことができます。
リビングとダイニングは同じスペースだけども屋根付きのテラスを挟んで
緩やかにエリア分けされているような形になります。

ダイニングとリビングのスペースから屋根付きテラスを見ることができます。
また、リビング階段で2階へ上がるようになっています。

リビング階段で上がり、そばにベンチスペースがあって
こちらは造り付けでつけているようなイメージです。

タブレットを使ったり読書したりするようなイメージにしています。

南から光が入るので屋根付テラスの方はまあ暗くなるようなイメージありますけれども
光は回り込んでくるのと東にもダイニングの窓があるので暗くなったりはせずに
十分南と東から光が取り入れられるというような間取りになっています。

リビング階段で2階へ上がってきます。

2階の方にはベッドルームが4部屋あって
子供部屋に割り当てられる部屋が3部屋しっかり6畳を取られています。

各部屋にはクローゼット一畳が配置されていて共用の物入れもあります。

2階にも洗面とトイレがあるので1階の洗面とトイレを他の人が使っている場合でも
2階の洗面所トイレがあるのでストレスの軽減になってきます。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが3畳、
寝室の南側にはバルコニーテラスがあります。

よこちらの方バルコニーテラスの方は寝室専用という形になり、
洗濯物干しをする時に寝室を通ってt物干しする作業動線になってきます。
他の子供部屋を通らずにバルコニーに行けるという感じです。

またこのバルコニーテラスは一階の屋根付きテラス、
ウッドデッキのテラスにほとんど一緒の広さと形状になってます。

ですのでこちらを狭くすれば、1階のテラスの屋根の部分が小さくなる、
というような計画になっていきます。

今回は今4.5畳ぐらいの広いスペースがあるような計画になります。
こちらの屋根付きのテラスは四人掛けのテーブルを
普通におけるような広さでゆったりと使うことができます。
また屋根があることで雨を避けることになるので
天候が悪い時でも屋外リビングみたいな使い方をすることができます。
リゾート地などで屋外リビングをみることがありますけども、
それの小さい版の形になります。

今回の間取りは屋根付きテラスのある間取りの紹介になりました。

パントリー収納とか土間収納など収納量も充実していて
階段したも収納に使うなど非常に使い勝手を重視した間取りでもあります。

家事室と部屋干し室のある家の間取り図

今回のプランは47坪5LDKの家事室とそして書斎コーナー
また2階の方に物干し室のある間取りを紹介していきます。

こちらの方は広い家事室で、主婦専用の部屋があるというのが特徴です。
玄関ホールの方は西玄関で南道路の想定になっています。

南道路で庭と駐車場を取って側面から入っていくっていう形になります。

玄関ホールの方には土間収納とシューズボックスがあります。
玄関に入ってすぐのとこに和室4.5畳は独立してあります。

和室は書斎に出入り口をつけて一体化してもいいと思います。

リビングダイニングキッチンの方は20畳の広さになっていて
キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡せるような位置に配置されています。

そしてこの対面式キッチンの正面に書斎コーナーが2畳の広さで作られています。
こちらの方で子供が小さい時お絵かきをしたり、そこから成長して
宿題をしたりと目の届くところで色々作業するスペースになります。

子供が使わない場合でもお父さんがこちらでパソコンを使ったりとか
人でこもらずにですね家族のいる所で作業するというのに使えます。

和室と繋げて行って使うこともできるし、広げてですね和室をなくして
一体化して広い書斎の部屋にする使い方でもいいと思います。

また家事室の方は6畳の広さがあり、キッチンの方から出入りすることができます。
こちらは完全にあの主婦の専用の部屋になります。

最近はの主婦の仕事といっても完全に家でする仕事ができます。
インターネット等、専用の部屋が欲しいという場合もあるかもしれません。

家事室から通り抜けて洗面室脱衣室の方に移動もスムーズでメリットもあります。

洗面室と脱衣室の方は別になっていて脱衣室の方にも収納がスペースがあり
浴室は一坪二畳のスペースでトイレから洗面台の方も近いので
トイレを使用後すぐ使える使い勝手の良い位置に配置されています。

また洗面台の横に物入れもあって階段下収納も使えるので
収納も使いやすい位置にあります。

階段は独立階段で2階に上がっていきます。
必ずリビングを通ってから2階へ上がるというような動線計画になりますので
リビング階段に近いような使い方をすることができます。

必ず家族と顔合わせは顔を合わせて2階に上がることによって
家族とのコミュニケーションが濃くなるというのを狙ったものです。

2階の方に上がっていくと突き当たりの所に部屋干しのスペースがあります。
そしてこの廊下のところはホールとして広く作っているので
テーブルおいてもいいしカウンターを置いて書斎コーナー的に使ってもいいです。

自由に使えるように幅を広げることによってただの廊下ではなくて
ホールにして使い勝手良くするという形を考えています。

寝室の方が10畳と広くウォークインクローゼット4畳と広くなってます。
子供部屋の想定の洋室は6畳が二部屋、東側に配置されており
明るく風通しも良いような間取りになります。

4.5畳の納戸のスペースもあり収納量も非常に多い間取りになっています。
各部屋にもしっかり収納も取られています。

トイレは1階の方にと2階の方と2箇所あるのでかストレスも軽減されます。

物干し室の方からバルコニーに出れるのでお布団干しなどができます。

部屋干し室は部屋の中で干せるので花粉の多い時期とか
あとは台風の時期とか梅雨の雨の多い時期なども外に干さずに使えます。

今回は家事室の広い間取りそして書斎コーナーと
物干し室のある間取りを紹介していきました。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。間取りデータバンクの住宅設計を担当、無料の間取り作成サービスにて住宅の間取り作成を行う。

間取り図集はこちら

PVアクセスランキング にほんブログ村

アーカイブ